自分と違う感覚だとしても批判してはいけないと思う

サッカーのワールドカップで、ベルギーに負けてしまった日本選手がロシアのスタジアムのロッカーを去る時にきちんと清掃して、しかも、ロシア語で「ありがとう!」というメッセージを置いて行ったことがSNS上で世界に知れ渡りましたね。
同じ日本人として、私もそういうふうに振舞いたいと思いました。
サポーターのみなさんも、試合に負けて、泣きながらも、ロシアの方へ向けてありがとうというメッセージをプラカードのようにして観客席から伝えたそうです。
私は全部、あとで記事になったものを読んで、日本人ってなんて素晴らしいのだろうかと、ウルウルしてしまいます。

記事のコメント欄にもやはり、涙が出るほど感激したという方もおりました。
反して、こんなことで涙出る人の脳の構造が心配という人もいました。

私が思うに、涙が出る人というのは字面にだけ感動しているのではないと思います。
その記事の字を見て、心でその時の選手の気持ちとか、ロシアの人への感謝を伝える気持ちとか想像して、自分も共感しているのだと思います。
涙がでたり全然感動しない人というのは共感力がないか価値観が違うのだと思います。
どちらも個性なので、いい悪いはないので、自分と違う人を批判するのはなしだと思います。ミュゼ ヒゲ脱毛

自分と違う感覚だとしても批判してはいけないと思う

楽しみにしていたルパン三世と銀河英雄伝説を視聴した

昨日の昼食は味噌汁とご飯、おかずをささっと食べて自室に戻りました。
そしてかなり久しぶりに、もしかしたら1年以上ぶりにニコニコチャンネルにアクセスします。
最近はずっと我が家のテレビのBS11だけでアニメを見てきましたが、久しぶりにそこに見たいアニメが更新されるようになったからで、まずは「ルパン3世」を視聴しました。
近年でもルパンの新シリーズは放送していましたが、忙しかったり環境が整わなかったりで見れておらず久しぶりに見れるのでワクワクしながら視聴します。
ルパンのスタイリッシュさや、近年話題の暗号通貨やスマートフォン、IoTなどを取り込んでいて現代のルパンとして非常に楽しめ、あっという間の20数分でした。
ただ銭形警部の声が聞きなれたものとまったく違っていて驚いたのですが、声優の方が替わったのでしょうか?
次に視聴したのは「銀河英雄伝説」です。
原作は高校の図書館で読み、アニメは過去にOVAとして作られていたのは知っていましたが巻数が多くて視聴していません。
それで私にとっては初アニメ版なのですが、記憶が薄れており非常に新鮮でこちらも続きがとても楽しみなのでした。ミュゼ ひげ

楽しみにしていたルパン三世と銀河英雄伝説を視聴した