人間の取り組みによる地球景気の仕度について実習

シチュエーションについて学習しました。大都市では大量の気力が照射されている先方、舗装や植物の節減による蒸発ボリュームのマイナス、エアー汚染物による温室効力などの結果気温が上昇すると考えられています。その結果、近郊では夜間の発光アイシングによって現れる逆襲層が地表まで達しますが、都市では上空に逆襲層ができます。こうして大都市は逆襲層の下の優しいフィーリングにおおわれてしまう。こういうフィーリングは逆襲層の下にぶち込められているので汚染物は続発できず、大量に入ることになります。石油や石炭などの化石燃料の費消は、エアー間の二酸化炭素濃度を増大させてきました。二酸化炭素の濃度が増加するとエアーの温室効力が強くなり、気温が上昇するケー。しかし、二酸化炭素が地球外面をどのように回転しているのかはまだまだ十分にわかっておらず、エアー中に放出された二酸化炭素がどれだけ海洋や鳥獣圏にとり込まれ、どれだけがエアー中に残留するのかはっきりしていません。やけに勉強になりました。

人間の取り組みによる地球景気の仕度について実習