マントルのことやプルームなどについて実習

地殻などについて実践をしました。速くなる境界があり、それより奥深い部分は固体であることがわかっています。液体の点を外ルーツ、固体の点を内ルーツといいます。密度分布がわかれば、地球中を構成する物が何であるかを推定することができます。地球の中心部にメタルルーツが存在する編制は、金星など他の地球フォルム惑星にも共通するものです。P主流は外ルーツとマントルの境界で屈折するため、地表にP主流の影の部分(シャドー箇所)ができます。一般に地震主流の染み渡る速さがのろい部分は気温が厳しく、密度が少なく、地震主流の蔓延る速さが速い部分は気温が小さく、密度が広い事だ。マントルは固体の岩石からなりますが、長くをかけてゆっくりと流動することができるので、マントル内方の密度の乏しい部分は上昇し、密度のでかい部分は降下します。マントル一切に関係する大寸法な流れはプルームとよばれます。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。http://www.brownwoodtx.co/kouka-taiken.html

マントルのことやプルームなどについて実習

蒸留や富士山などについて実践をしていました

蒸留などについて授業しました。出てくる蒸気の気温を量る結果、気温累算の球部は枝の高さにする。突沸を防ぐ結果、沸騰石を入れます。逆流を防ぐ結果、ガラス管の点がたまった液の中に入らないようにする。70℃〜82℃に無水塩化コバルトを閉じ込めると、非常にないピンクになります。火を塗ると、ぐっすり燃えます。エタノールのにおいがする。腕に塗ると冷たく感じます。83℃〜92℃に無水塩化コバルトを押し込めると、ないピンクになります。火を塗りつけると、かすかに燃えます。かすかにエタノールのにおいがする。93℃以上に無水塩化コバルトを入れると、濃いピンクになります。火をつけると、燃えません。エタノールのにおいはほとんどしません。次は、富士山についてだ。地上よりも気圧の小さい富士山の山頂で飯を炊くと、芯が残る生煮えの飯になる。このようなことを授業しましたが、知らないことがほとんどだったので知れて良かったです。

蒸留や富士山などについて実践をしていました