美味しい必要をもらいました。幸運だけど。

美味い入り用を此度、もらっている。
お客様とのタスクに参加して、俺をすばらしいエッセイストだと買ってくれていて、
入り用を大量に回してもらえる。持ち味も買い取って得るらしき。
ありがたい。
誰にも取りこぼしたくない。頑張る。
最優秀月々は215万円まで言う。入り用が恐ろしい進んだ。
昨今は意外と、90万ぐらいで落ち着いている。
生活費が20万円だから、70万ぐらいは自由なお金がある。
安心して、暮らしていける。
今や1円で書くのは煩わしいな。
書きたくないな。既に疲れちゃったな。
価格1円の時分は、月々が手取りで30万円だった。
だからその頃は、ひどく頑張ってたとおもう。
今よりもがんばってた。初々しい公算を探しあてるのに、一所懸命だったな。
でも、その御蔭で、ここまでこれた。
過去の利益があったからこそ。入り用になれていたからこそ。
すでに5階層ぐらい働いてるような気がするけれど、依然として3階層目。
まだまだ、がんばらなくては。
俺ならとれるハズ。おいしい入り用でがんばろう。お金 借りる 5万

美味しい必要をもらいました。幸運だけど。

発生のしくみや調節卵などについて勉強した

勉強をしました。ウニ卵やイモリ卵などのように、胚の部分の将来が比較的遅い時期に決定される卵を調節卵といい、クシクラゲ卵などのように比較的早い時期に決定される卵をモザイク卵といいます。ウニ卵では8細胞期になった割球を4割球ずつ垂直方向に分割すると、それぞれの割球は完全な幼生にまで発生しますが、4割球ずつ水平方向に分割すると動物極側の割球は胞胚までしか発生せず、植物極側の胚も不完全な幼生にしか発生しませんでした。調節卵であるウニの胚も8細胞期になると分離のしかたで調節性が失われることがわかります。正常に発生が進んだ場合、卵の各部分は将来、成体のどの部分になるのでしょうか。発生の過程で個々の細胞は大きく移動するので追跡は難しいです。カエルとイモリの発生の過程はよく似ています。ただ細かい点では異なることもあります。このようなことを学びましたが、知らないことがほとんどだったので、知れて良かったです。

発生のしくみや調節卵などについて勉強した