定番などについてやる各種番組

19拍子さっきくらいからプランされていた、千差万別プランを見ました。こういう千差万別プランは、新お決まりなどをやるプランだ。太刀魚は、エサを控えるときに立っているということもやっていました。次は、天下一きれいな羽田空港を助ける浄化員の場所についてやっていました。その裏にはありえない波瀾万丈なことがありました。壮絶な差別や極貧身辺で生き最悪になったそうです。見た目はきれいなパーツでも浄化員のヤツがやると、甚だしくきれいになります。その人が生まれたのは、中国だったそうです。それと父さんは、中国残留我が国孤児だったそうです。その浄化員のヤツも邦人ということが分かりました。そして、日本に帰ってきたみたいです。身辺養生が受けれるのに父さんが断って極貧身辺が始まったそうです。浄化員なら働けると憧れ、家族でキャリアしたみたいです。そして、安定な給料が得られて18年で高校生に入学したそうです。しかし、入学してからもいじめられたそうです。

定番などについてやる各種番組

ELEAGUEGroupfinal fnatic vs FaZe 感触

FaZeも惜しかったが、fnaticのメンバーに個々の能力で完敗したというメッセージがまるで現れるELEAGUE GroupD finalのfnatic vs FaZeの競り合い。
ひとまず見学を終えて思ったのが、フルバイ以外でのfnaticの基調が可愛く、またFaZeが姿勢できていなかったためにみすみす瞬間を潰れるがままになっていたという場所。
ピストル相手にファーストキルを献上してしまうことは当然、ウリをもっぱらfnaticに贈り物してしまってはガンガンfnaticが有利になって出向く。
map1ではFaZeもキルは重ねるものの、フォースバイで舞い戻る、または走り込みまで焦ることが多く、軍資金的メリットを誠にといって嬉しいほどに作れなかったのが敗因と当てはまる。
ファクト攻めの申請ではざっとやられ、継承が初めて薙ぎ倒すという状況が多すぎた。
map2も同様でcobbleでは進入針路が遠い為にスイッチも多忙できずにますます不利に達する。

成約map1は16-12、map2では16-5でfnaticの繁盛。
FaZeとしては大きなテーマを突きつけられた青写真となった。

ELEAGUEGroupfinal fnatic vs FaZe 感触