PTAの運営に、教育委員会が手引書を作成、だなんて

これは、進歩的、という理解で良いのでしょうか?
子供一人につき、当然のように加入することになり会費を徴収される、あのPTA。
任意の団体なので、強制的に加入させるなんて、本来はいけないことなのに、多くの保護者が黙って従っていることと思います。
そもそも、PTAがなければ学校運絵に悪影響があるだだんて、誰も思っていないはず。
なのに、なのに、・・・・先生のご負担も多くなるはずなのに、保護者自信もしんどいはずなのに・・・・
状況は変わらないのだと思ってました。思い込んでました。
それが、ネットニュースで知った大津市教育委員会のご英断「PTA運営の手引き」!
市民からの苦情に答えた形のようです。
すごい!
そんな風に動いてもらえるなんて・・・・
逆に、そうであれば、親として教育委員会に協力的に動こうという気持ちにもなるでしょうし、
学校との関係も楽になり、保護者間での妙な緊張感もなくなりそう・・・。
良い事づくめになりそうな気がします。
私の居住する自治体の方でも、このような動きが起きないかしら・・・?と、ちょっと期待してしまいます。
こういう、他人任せなところが一番いけないのでしょうか??ミュゼ うなじ

PTAの運営に、教育委員会が手引書を作成、だなんて